バストが小さいのは遺伝じゃない!?胸は大きくなる!

Sponsored Links
美バスト
 

 

バストの形や大きさは人それぞれですよね。

小さい人は「もう少しバストが大きければスタイルもよくみえるのに、、、」とか大きい人でも肩が凝ったり、可愛いブラのデザインがなかなか見つからないなどそれぞれ悩みがあるもの。

でも、「私のお母さんも胸が大きいし(または小さいし)遺伝かなぁ。」なんて考えたことはないですか?

バストのサイズって遺伝で決まってしまうのでしょうか?

今回はバストの大きさは遺伝なのか?という疑問を解決していきます♪

Sponsored Links

バストのサイズは遺伝じゃない!?

 

バストサイズの遺伝要素は30~40%!!

母から娘に胸の大きさ遺伝する可能性は、30~40%といわれており、遺伝的な要素はそこまで高くなくお母さんが貧乳でも子供は巨乳なっちゃったりできるんです!!

参考:医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

 

 

Sponsored Links

バストの大きさを左右する残りの70~60%の要素はなに!?

 

バストというものは、思春期から成人期にかけて女性ホルモンが分泌されることによって大きくなっていきます。つまり!!この時期に女性ホルモンが多く分泌されればされるほど、大きなバストになるといえます。

 

 

 

Sponsored Links

バストの大きさを左右する思春期って何歳まで??

 では、バストの発達に関係している思春期の年齢をみていきましょう

 

以前までは14歳~19歳までと言われていましたが、
最近では先進国の多くでは健康や栄養状態の改善から、10歳ごろに始まるようになっているようです。

 

また、思春期は19歳で終わると考えていましたが、最近では10~24歳まで思春期は続くという研究が英医学誌に掲載されました。

 

「思春期が終わってるし、やっぱりもうバストアップは無理なんだ。」とがっかりしちゃった方も大丈夫です!
なぜかというとそれはバストの構造にあり!


バストの構造を知ればバストアップできる仕組みがわかります。

 

バストの構造を知ろう!

 

 

Sponsored Links

10歳~24歳の思春期世代も要注意!!
遺伝以外にバストが小さくなってしまう原因!!

 

 

 良い生活習慣は健康なカラダつくりの他にバストアップにも効果があるんですよ。

 

食事や生活環境は女性ホルモンの分泌量も関係してしまう!!


バストが小さくなってしまう生活をおくっていないかチェックしてみましょう。

 

✔ 過度なダイエットをして栄養不足になってない?
 スマホに熱中または勉強などで睡眠不足になってない??
✔ 日頃の生活でストレスが多くない?
✔ お菓子やジャンクフードばかり食べて栄養が偏っていない?

 

 

 ✔ 過度なダイエットをして栄養不足になってない?

 

過度な食事制限が原因で栄養不足になってしまうと女性ホルモンの分泌が少なくなってしまい、将来バストが小さくなってしまうかも!!

 

スタイルのいい女優さんやモデルさんをみると私も細くなって綺麗になりたいと憧れますよね。

 

でも美意識が高くなりすぎて過度なダイエットをしてしまうとバストの成長に影響がでてしまうかも、、、。

 

栄養が足りないという事は女性ホルモンを分泌する力も足りないという事になってしまうのです。

 

大人になってから胸が小さくて後悔してしまわないように、思春期の間は極端なダイエットは控えて女性ホルモンの分泌を促進しましょう!!

 

体重も気になるけど減量もほどほどにしないといけないんですね。 

 

 ✔ スマホに熱中または勉強などで睡眠不足になってない??

 

睡眠不足は美容の大敵!!これはバストの成長にも同じことがいえます。 

 

寝る時間がちゃんと確保できていますか?

 

スマホで夜遅くまで起きていたり、テストの前の勉強で一夜漬けなどして睡眠不足が続いてしまうと、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響が出てしまいます。

 

 ホルモン分泌が多く分泌するのに必要な睡眠時間は7時間は必要と言われています。できるだけ7時間は睡眠時間を確保してホルモンの分泌を促進させましょう!!

 

質の良い睡眠時間をとるために、
・寝る前2時間は食べない。
・睡眠時間は7時間はとる。
・寝る前はリラックスする時間をとる。
・パソコンや携帯電話は控え。
・寝る前の熱いお風呂は控える。

 

これらを意識して日頃の睡眠の質を上げていきましょう!!

 

 

 ✔ 日頃の生活でストレスが多くない?

ストレスは溜めていませんか?遺伝以外で胸が小さくなる原因は、ストレスも関係しているんですよ。

 

成長期の頃である10歳~24歳は多感な時期です。学校や家庭、受験や就職など次々と出てる悩みでストレスを感じやすい年頃なんです。

 

しかも10代の頃は学校と家庭が主に自分の居場所なので悩みがあるけど誰に相談していいか分からなかったり、悩み事を心に秘めていること多かれ少なかれあるはず。

 

ストレスが溜まると、自律神経が乱れホルモンバランスをくずしやすくなります。

 

また、悩みの大きく、多大なストレスにより女性ホルモンの分泌が減ってしまうこともあります。

 

そのため胸が小さくなる可能性があるんです。

 

 ✔ お菓子やジャンクフードばかり食べて栄養が偏っていない?

 

思春期の頃ってお菓子やジャンクフードってなぜか食べたくなってしまいますよね。

 

特に10代の時って、学校から家に帰ると「お腹が空いた~」と、晩御飯の前にスナック菓子や菓子パンなど食べてしまい、お母さんがせっかく栄養を考えて作ってくれた晩御飯をあまり食べれなかったりしていませんか?


カップラーメンやジャンクフードもおいしいですが、そればかりになってしまうと栄養が偏ってしまって女性ホルモン分泌力が弱まってしまうかも、、、。

 

日頃の食生活でも女子力の高い食事でバストアップを目指しましょう!!