バストアップに必要な女性ホルモン

Sponsored Links
美バスト

女性らしいシルエットを作るのに必要な女性ホルモン。
バストが大きくなる人は女性ホルモンが多いのかな~なんて考えたことはありませんか?

一度は聞いたこのある女性ホルモン。

しかし、「女性ホルモンってそもそも何?」「女性ホルモンにはどんな種類があるの?」「女性ホルモンって増やす方法はあるの?」

女性ホルモンの疑問について理解していきましょう!!

Sponsored Links
Sponsored Links

女性ホルモンってそもそも何?

 

ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や組織をコントロールしています。その中で、女性特有のカラダつきやカラダのリズムに大きな影響を与えるのが「女性ホルモン」です。

女性ホルモンの働き

・記憶力や集中力がつく
・肌や髪のハリ、艶
・自律神経に作用
・骨の密度を保つ
・女性らしいカラダつきになる

 

Sponsored Links

女性ホルモンにはどんな種類があるの?

2つの女性ホルモン、「エストロゲン」と「プロゲステロン」。

 

女性らしさに関わる
卵胞ホルモン:エストロゲン

エストロゲンは代表的な女性ホルモン。このエストロゲンが女性らしいカラダをつくってくれます。

エストロゲンのはたらき

・肌や髪の潤いをキープ。艶やかな女性にしてくれます。
・女性らしいの丸みを帯びたボディをつくります。
・女性のカラダ全体の健康を支える手助けをしています。
・脳や自律神経にも働きかけるため女性の心とカラダに大きく影響するホルモンです。

 

妊娠をつかさどる
黄体ホルモン:プロゲステロン

プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。

 

プロゲステロンのはたらき

・体内に水分を保つ作用
・基礎体温をアップさせる効果がある。

Sponsored Links
Sponsored Links

バストアップには女性ホルモンが必要?

バストアップには女性ホルモンが大きく関わっています。

バストの構造で重大な役割をしている乳腺は女性ホルモンによって刺激されます。女性ホルモンを活発にしてあげることで、乳腺が発達していき、結果的にバストが大きくなっていくんです!!

女性ホルモンを活発にしてあげることで、乳腺が発達していき、結果的にバストが大きくなっていきます。乳腺の発達がバストアップの秘訣となります!

 

Sponsored Links

女性ホルモンは増やせるの?

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つ。
この2つのうち、特に“女性らしさ”に関連するのが「エストロゲン」です。
しかし、女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほどなんです!!
そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのですから驚きです。

 

女性ホルモンを増やすことはできません。

 

!!!!!

 

女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほど。しかも、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、ピークは20代後半から30代前半
30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのです。
特に閉経前後の45~55歳には卵巣の中の卵胞が減り、激減していきます。

 

女性ホルモンを補う方法

女性ホルモンは悲しいかな、増やすことができません。しかし、女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。

ポイントは、「女性ホルモンをコントロールする」して「女性ホルモンを補う」ということです。

バランスの良い食事

残念ながら、女性ホルモンを増やすような特別な食事は存在しません。しかし、バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけてください。

 

良質な睡眠

眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響がでてしまいます。遅くとも12時には寝て7時間の睡眠を確保し、寝る前2時間は食べない、寝る直前のパソコンや携帯電話は控える、寝る前の熱いお風呂は控える、などの睡眠の質を上げる心がけをしてみて下さい。

 

カラダを積極的に動かす

カラダを動かすと血行が良くなりカラダの代謝を上がります。代謝を良くすることで、女性ホルモンにも良い影響を与えることができるのです。生活の中で軽い運動を取り入れていくことが大切です。とくにヨガやストレッチは、ゆっくりカラダを動かせるうえ、深く呼吸をすることでカラダの緊張がやわらぐため、より効率的です。

 

トキメキを感じる

トキメキを感じると、ドーパミンが大量に分泌されます。ドーパミンを分泌する神経は、エストロゲンの分泌を指令する視床下部を通るので、エストロゲンにも良い影響が。ドキドキやワクワクを感じられるような小説・映画、音楽など、日々の日常生活に取り入れてみましょう!

 

Sponsored Links

女性ホルモンに似た働きをする成分 「大豆イソフラボン」と「エクオール」

 

大豆イソフラボンってどういう効果があるの?

大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンと化学構造が似ており、よく女性ホルモンを増やすと誤解されますが、正しくはエストロゲンと“似た働き”をする成分です。

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンなら、大豆や豆腐や納豆、味噌など、日々の食事で摂ることができます。

特に閉経前後の45~55歳以降はの方は積極的に摂っていきましょう!

 

エクオールってなに?

 

エクオールとは「大豆イソフラボン」が体内の腸内細菌によって変換されて作られた成分です。女性ホルモンの1つであるエストロゲンと化学構造が似ており、よく女性ホルモンを増やすと誤解されますが、正しくはエストロゲンと“似た働き”をする成分です。

「エクオール」は「大豆イソフラボン」のままと比べて、より女性ホルモンに似た働きをすると言われています。

「エクオール」は食べた大豆食品の中の「大豆イソフラボン」が体内の腸内細菌によって生産することができます。

 

しかし、大きな問題が1つ

それは、この「エクオール」を、体内で作れる人と作れない人が別れてしまうということ。日本人の場合、大豆イソフラボンからエクオールを生産させるための腸内細菌を持っているのは、なんと2人に1人

この腸内細菌は子供の頃にその種類が決まってしまうため、大人になってから、エクオールを作り出す腸内細菌を持つことはできないと言われています。

しかし、このエクオールを生産できない人でも現在はサプリメントで摂取することもできます。

 

女性ホルモンを増やすことはできませんが、似た働きの成分を補うことで女性ホルモンの分泌を促進せたり、コントロールすることを心掛けていきましょう!!

Sponsored Links