あなたの胸はどのタイプ?バストの形・タイプを知って美バストをキープしよう!

Sponsored Links
美バスト

 

 

 

鏡で自分のバストをじっくり見て、バストの大きさは気になっても形やバストのタイプってあまり気にしたことがないかもしれませんね。

 

バストにはいくつかタイプがあります。バストのタイプによって垂れやすかったりブラジャーの選び方が変わったりするんですよ。自分のバストのタイプを理解して効率のいいバストアップケアをしていきましょう!!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

バストのタイプ

半球型

半球型のバストは、日本女性で最も多いタイプです。
(お椀型ともいわれます)

・バストの直径と厚みが同じ横から見るときれいな丸みを帯びた形。
・ふっくらと柔らかい印象を与えるバストの形です。
・脂肪が多く、肉質は柔らかい。

 

 

半球型のバストは柔らかいバストなので、立っている状態だと乳房の下部がふっくらしていることが多いです。

 

肉質が柔らかいため、背中や胃の辺りへもお肉が流れやすく下垂しないよう注意が必要です。また、仰向けに寝ないと胸が型崩れやたるみを生んでしまいます。

 

一方で、背中や胃の辺りからバストへ寄せやすい肉質でもあります。大胸筋を鍛えて胸板を厚くすると、バストのボリュームアップが期待できます。

 

サイズに合ったホールド力のあるブラジャーでしっかり集めて、ほかの部位へお肉が流れないように大胸筋を鍛えて美バストをキープしましょう。

 

 

 皿型

・バストサイズが比較的小さめ。
・バストトップとアンダーバストの差が小さく、膨らみが少ない。
・脂肪が少なく、バスト全体にボリューム感が足りない。

 

皿型のバストは乳腺の数や発達も少ないので、乳房内の脂肪が少ないのです。
全身においても脂肪が少ない、細身な体型の女性に多い傾向があります。

 

うつ伏せに寝てしまうと血液やリンパが滞り、バストアップに良くない状態になるので、基本的には仰向けで寝ることを心掛けなければいけません。

 

その反面、バストが垂れ下がるような可能性が低く、バストアップの成果が見てわかるタイプでもあるので、大胸筋を鍛える筋トレやエクササイズ、ストレッチを取り入れて、理想の胸を目指しましょう!!

 

釣鐘型

・バストにボリュームがある、いわゆる巨乳といわれるバスト。
・バストトップとアンダーの差が大きく、下方に垂れ気味。
・脂肪の割合が多く、ボリュームありバスト自体の重みもずっしりとしている。

非常にボリューム感があり、脂肪分が多く、バスト自体の重みもずっしりとしているため、この釣鐘型はクーパー靭帯が伸びたり切れやすく、垂れやすいというのがデメリットになってきます。

また、ダイエットや加齢で脂肪が失われると、バストの脂肪も減少するので、ボリュームも失われて下垂してしまいます。

 

日ごろからフルカップでサポート力のあるワイヤー入りのブラジャーでバストをしっかり支えてクーパー靭帯の負担を減らすのが型崩れの軽減に繋がります。

 

 

 三角型

・横から見ると三角の形になっている。鳩胸といわれることも。
・乳房のはじまりが不鮮明なタイプで日本人に多い。
・バストトップとアンダーバストの差も少なく、バスト自体の高さがない。
・乳腺がしっかり発達しているのに対し、脂肪が少ない印象のため、
ハリやボリュームも少なめ

 

 

 

乳腺の発達はしっかりしているので、脂肪をつけることでバストのボリュームアップになる可能性があります。

 

ただ、闇雲に体重を増やしてしまうと下半身太りや胸以外に脂肪がついてしまうので、大胸筋を鍛える筋トレやマッサージを上手く取り入れて、バストアップを目指しましょう。

 

 円錐型

・乳房が突き出てボリューム感のある。欧米人に多い。

 

 

・ハリがあり、サイズが大きい。
・バストトップが尖っているため別名「ロケット型」とも呼ばれている。
・乳腺が多く脂肪が少ないため、パンッと張りのある形

 

ハリがあるため、ノーブラ状態でも形の良いバストになりボリューム感もたっぷり。睡眠によるバストの型崩れが少ないのも特徴です。

 

セクシーで女性らしいバストの形ですが、肉質が固くバストサイズも大きめなため、垂れやすいという点には気を付けたいバストです。

 

固めの肉質なのでクーパー靭帯を傷つけないようにやさしくリンパマッサージなどを行い、血行やリンパの流れをよくしましょう。

 

参考:Wikipedia乳房の形状

 

 
Sponsored Links
Sponsored Links

バストのお悩みタイプ別

 垂れぎみバスト

 

・下方に垂れ下がったバスト。
・ハリやボリュームが失われており、バストトップも下の位置になっている。
・急激に痩せた後や出産後に多く見られる。

垂れぎみのバストの主な原因には加齢によるコラーゲンの減少であり、クーパー靭帯が、すでに切れていることでなってしまいます。

痩せて脂肪が減ったり、卒乳で乳腺がしぼんだりすることにより、皮膚はそのままに風船をしぼませたようになってしまいます。

 

他の原因として、バストの激しい上下運動があります。

 

エクササイズや運動によりバストが上下に動きやすいので、スポーツ用のブラジャーを装着してスポーツを行うことにより垂下防止に努めましょう!!

また、猫背で姿勢が丸くなるとさらに垂れる傾向にあるため、巻き肩にならないようにも心がけましょう!!

 

 

 左右離れているバスト

 

乳腺や土台の大胸筋が弱かったり小さかったりすることが、バストが左右離れてしまう。日本人に多いバストの形です。

左右離れているバストはブラジャーで補正するのが一番。

 

脇までしっかりワイヤーや補強素材のついたブラを着用して、就寝時にはナイトブラを着けて左右に広がらないように補正を心掛けましょう!!

 

 

大胸筋を鍛える筋トレも取り入れて、左右の広がりが大きくならないようにすることも大切です。手のひらを胸の前で合掌するように合わせ、両方から力を入れるトレーニングが有効的ですよ!

 

 

 左右の大きさに差があるバスト

 

バストの左右の大きさに差ができてしまう理由は利き腕に関係しています。

利き腕側の筋肉は頻繁に使うため、バストは小さくなりやすいのです。 そして、利き腕でない、筋肉をあまり使わない腕側のバストは大きくなりやすい傾向にあります。

利き腕の方のバスト→よく使う→筋肉が発達→バストは小さくなる。

 

 

利き腕でない方のバスト→あまり使わない→筋肉が減少→バストが大きくなる。

 

その他に原因として

1.体の左右の筋肉の使い方の違いによるもの
2.姿勢の悪さによる骨格、骨盤の歪み
3.スポーツで不均衡な筋肉の使い方をする種目を続けている

 

ケアとしては、小さい方のバストのケアを大きい方より多めにすることを心掛けましょう。

 

 

Sponsored Links