ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液の違いとは?

Sponsored Links
スキンケア

 

 

最近、美容で話題になっているヒト幹細胞培養液というものをご存じですか?

「あぁ!あの再生医療でつかわれるip・・なんとかの?」と思われれている方も多いのではないでしょうか?

再生医療で期待されている幹細胞コスメで使われている幹細胞培養液はまったく異なったものなんです!!

エイジングケアに期待できる幹細胞培養液ってなに?と思われている方にこの2つの違いをご紹介していきたいと思います!

Sponsored Links
Sponsored Links

ヒト幹細胞とは?

 

ヒトや動物などには細胞存在します。健康な体を保つには細胞が不可欠でその働きは、考えるときに使う脳の働き、あたらしい皮膚をつくる、心臓の動きなど生きることにかかせないものです。
その細胞を作り出す元が幹細胞というものです。
幹細胞の働きは、皮膚の幹細胞であれば同じ皮膚幹細胞をコピーのように増やすこともできますし、皮膚に関連したものですと幹細胞から皮膚細胞に分化するなど、いろいろな細胞に変化することもできるのです。

 

近年では、美容外科などで体の中からアンチエイジングを行う美肌再生治療や、薄毛になやんでいる方には頭髪発毛治療にも使用されています。

また、ヒト幹細胞は細胞をあたらしくしてくれる効果もあり、このような働きから、美容でのアンチエイジング効果が期待されているのです。

 

そんな効果があるなんてすごい!!ヒト幹細胞の美肌治療をやってみたい♪と思ってしまいますが、

 

ヒト幹細胞の再生治療は幹細胞を体にいれるもの。

幹細胞は先ほど述べたように、細胞の元。自分の以外の幹細胞を使用すると、拒否反応やアレルギーが起こる可能性があります。

また幹細胞は年齢を取るとで減ってしまうので、自分の幹細胞のそれも若いころの幹細胞がエイジングケアに効果があるといわれています。

将来の疾患治療や若返りに使えるよう、若いうちに幹細胞を摂取し、保管しておける幹細胞バンクというものも出てきているぐらいです\(◎o◎)/!

 

Sponsored Links

ヒト幹細胞培養液とは?

 

コスメに記載されている「ヒト幹細胞○○○」をよーーーーく見てください。

ヒト幹細胞培養液またはヒト幹細胞培養エキスというように表示されていませんか?

この培養液培養エキスが記載されていることで幹細胞とはまったく異なったものになります。
(正式にはヒト脂肪細胞順化培養液エキスといいます)

 

ヒト幹細胞培養液とは・・・

ヒト幹細胞を培養する時に分泌される分泌液で、幹細胞は入っていません!!

くどいですが、幹細胞は自分のもの以外を使用すると拒否反応やアレルギーが起こる可能性があります。

なので、むしろ販売されているコスメに幹細胞は入っていない方がよいですよね(^_^;)

Sponsored Links

ヒト幹細胞培養液の成分は?

 

 

ヒト幹細胞培養液の成分には

・成長因子
EGF・・・あたらしい皮膚を促すタンパク質の一種。
FGF・・・皮膚の深部の部分を活性化させてくれるタンパク質の一種。深部の細胞にアプローチして
      コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの生成を促してくれます。
・コラーゲン
・アミノ酸

などが含まれます。

Sponsored Links

ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液の違いとは? まとめ

いかがでしたか?ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液の違いはわかっていただけたでしょうか?

ニュースなどで耳にしたこともある幹細胞(ノーベル医学生理学賞を受賞された時などにiPS細胞など再生医療をよく耳にしましたね)とヒト幹細胞培養液はまったく違うものです。

最近ではヒト幹細胞培養液を配合されている美容商品も開発されています。ヒト幹細胞培養液にはどのような効果が期待できるのかまたお知らせしていきたいと思います。

Sponsored Links