胸を小さくしてしまう!?コーヒーのうそ・ほんと。

Sponsored Links
ボディケア

胸を大きくしたいのに、、、もしかしたら日頃飲んでいるコーヒーで胸が小さくなってしまうかも!!こんな話しを聞いたことはないですか?ブレイクタイムにホッと一息つく時にはコーヒーはかかせないと思っているコーヒー好きな女性にはコーヒーを飲むと胸が小さくなるなんて衝撃的な話題ですね。コーヒーを飲むと本当に胸が小さくなってしまうのか疑問を解決していきましょう!!

[quads id=1]
Sponsored Links

コーヒーは胸を小さくする?うそ・ほんと?

コーヒーを飲むと胸が小さくなってしまうというのはうそ?ほんと!?

詳細は、、、

 

 

 

(一部の女性で)  ホント!!!

 

なんとなくすっきりしない結果ですが、コーヒーを飲んでもすべての女性が胸が小さくなるということではないようです。

しかも、飲む量なども関係しているようなのでどうしてコーヒーを飲むと胸が小さくなってしまうのか?胸が小さくなる成分や摂取する量など胸が小さくなる原因を詳しくみていきましょう。

Sponsored Links

1日○杯のコーヒーを飲むと胸が小さくなる?

スウェーデンのHelena Jernstrom(ヘレナ・ジェーンストローム)博士らが300人のスウェーデン女性を対象に、1日に摂取するコーヒーの量と胸のサイズの関係を調べたところ、“1日に3杯以上コーヒーを飲む女性は、それ以下の女性に比べて胸のサイズが17%小さくなる”ことが研究結果として発表されています。

コーヒーの摂取量とバストが縮小することについて、具体的な原因は不明だが、「一部の女性の中にはコーヒー内のカフェインによってバストが縮小する遺伝子を持っている可能性がある」と報告。研究では、コーヒーを飲む女性300人を対象に、1日のコーヒー摂取量とバストサイズを測定する方法で行われ、コーヒーを1日3杯以上多量に飲む女性のほうがバストが縮小する確率が高まっていたようです。

ただ、研究者たちの見解では、「1日コーヒーを飲み過ぎたからと言ってバストが縮小するわけではない」、「女性すべてに当てはまるものではない」とも述べられているようです。

 

コーヒー3杯とはどれぐらいの量?

コーヒー3杯といってもカップの大きさはそれぞれですよね。いったいどれぐらいの量なのでしょう?目安の量を調べてみました。

(カップで測るコーヒーの量)

コーヒーカップ7分目では120~150cc

マグカップでは250~270cc

 

胸が小さくなるのは嫌だ!!と思っている女性は1日コーヒーカップ2杯まで(300cc)までにしておけば、バストの縮小の心配はないのでしょうか。

[quads id=1]
Sponsored Links

どうしてコーヒーでバストが小さくなってしまうのか?

どうしてコーヒーはバストを小さくしてしまうのか?その原因はやはりカフェインにありそうです。

カフェインによるバストを小さくしてしまう原因

1、自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れる

女性ホルモンはリラックスした状態の方がよく分泌されます。しかし、カフェインには交感神経を優位にする働きがあり、コーヒーを飲むことで興奮状態になってしまうのです。コーヒーを沢山飲むことで、ストレスを感じる時間がながくなり、自律神経が乱れてしまうことがあります。

 

2、深い眠りが妨げられる

コーヒーを飲むと目が覚める作用は誰もが承知のコーヒーの効果ですね。
コーヒーの覚醒作用で夜の良質な睡眠がとれなくなってしまい、女性ホルモンの分泌を少なくしてしまう可能性があります。

3、鉄分の吸収を阻害させる

カフェインには鉄分の吸収を阻害してしまう働きがあります。鉄分は血液の中の赤血球に含まれ、酸素を運ぶ役割をしています。貧血には鉄分が必要というのは知っている方も多いと思いますが、バストアップに鉄分?といった感じですが、鉄はミネラルの一種です。体内で鉄分が欠乏す血液の流れがスムーズにいかなくなり、ホルモンバランスが崩れたり、バストに十分な栄養を届けられなくなることも考えられます。そうなるとバストアップへの道は厳しくなってしまいます。

4、血管収縮作用で冷え性に

カフェインには血管を収縮させる作用があり、末端まで十分に血液が行き届かなかったり、血行が悪くなったりします。血行が悪くなると、女性ホルモンのバランスが崩れたり、バストに栄養が届けられなくなります。

5、利尿作用でビタミン・ミネラルが排出されてしまう

カフェインには利尿作用があり、コーヒーを多く飲むとトイレが近くなってしまいます。トイレの回数が多くなると、その回数ごとにビタミンやミネラルも一緒に排出され、体のバランスが崩れてしまいます。

6、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化

カフェインは脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化するといわれておりダイエット効果が期待できます。ダイエットには嬉しい効果ですが、バストの脂肪までなくなってしまうことも考えられます。

 

カフェインは摂り過ぎてしまうとホルモンのバランスを崩してしまうことがバストダウンの主な原因と考えられます。

[quads id=1]
Sponsored Links

コーヒーは適度に飲むこと

コーヒーは多く飲んでしまうとホルモンバランスを崩してしまったり、内臓に負担をかけてしまいますが、適度に摂る事で体に嬉しい作用をしてくれることも多数報告されています。

コーヒーの嬉しい作用

1、ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインが、脂肪分解酵素・リバーゼを活性化させ、脂肪燃焼を促進する効果がある。

2、脳の機能低下を防ぐことができる

オランダの国立国民健康環境研究所のゲルダー氏によると、1日3杯のコーヒーで脳の機能低下を防ぐことができると報告している。

 

3、卵巣がんのリスクが20%低くなる

また、ハーバード・メディカルスクールによると、毎日コーヒー3杯飲む女性は、全く飲まない女性よりも卵巣がんのリスクが20%低かったと報告している。

4、糖尿病の発症率も低くなる

複数の研究結果によると、糖尿病の発症率もコーヒーを1日数杯飲んでいる人の方が発症率が低いと報告されている。

 

Sponsored Links

コーヒーは胸を小さくしてしまう?についてのまとめ

コーヒーを1日3杯以上飲むと胸が小さくなってしまう可能性はあるものの、すべての女性にはあてはまらず、1日2杯ぐらいでは問題ないようです。適度にコーヒーを飲むと体に嬉しい働きもあるので飲み過ぎには注意して気分転換のブレイクタイムを楽しんでくださいね。

[quads id=1]